札幌・千歳・恵庭・江別・函館 皮膚科・内科を中心とした専門医医療

医療法人社団 廣仁会

診療内容一般皮膚科

『一般皮膚科』の
診療クリニックはこちら

湿疹・皮膚炎群(赤くてかゆい皮膚病変)

湿疹・皮膚炎群は、皮膚科のクリニックで最もよく見られる疾患です。いわゆる“かぶれ”から、ドライスキン、アトピー性皮膚炎など様々な疾患があります。適切に診断し、疾患に応じた治療を行い、生活習慣を整えることが重要です。

接触皮膚炎

“かぶれ”はありふれた皮膚疾患であり、誰しも一度は経験されることと思います。いわゆる“かぶれ”は、正式病名で“接触皮膚炎”といいますが、一般には“湿疹”と同義語として用いる方も多いようです。

接触皮膚炎は皮膚に接触した物質により惹起される皮膚炎であり、一時刺激性とアレルギー性に分類されます。ともに、原因物質を明らかにしたうえで、それを避けることと適切な治療が必要となります。

皮脂欠乏性湿疹

いわゆる乾燥肌によるかゆみです。高齢の方に多くみられますが、近年気密性の高い都市型住居などの影響で、幅広い年齢に生ずるようになりました。保湿目的のスキンケアも重要であり、正しい疾患理解と日常生活の工夫が必要です。

皮膚瘙痒症ひふそうようしょう

明らかな皮疹がみられないものの、強い瘙痒を生ずる疾患です。皮膚表面は一見正常なので、周りの人に皮膚疾患と理解してもらえないことも多く、見逃されることも多い疾患です。また、透析を受けていらっしゃる方や肝臓疾患の方にもみられます。訴えを信じず気のせいにするのではなく、一度皮膚科受診をおすすめします。

アトピー性皮膚炎

小児期からの皮膚疾患の代表格であるともいえ、一般の方にもよく知られています。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質や乾燥肌による皮膚バリア機能低下などの遺伝的素因などが複雑に絡み合い発症します。疾患病態のイメージとして、発症に「アレルギー」と「ドライスキン」の2つの側面が必須と考えると理解しやすいでしょう。また、他のアレルギー性疾患(気管支喘息やアレルギー性鼻炎)を合併することが多いのが特徴です。

また、他のアレルギー性疾患(気管支喘息やアレルギー性鼻炎)を合併することが多いのが特徴です。

痒疹ようしん

盛り上がったかゆい皮疹です。難治性のかゆみを伴う皮膚疾患で、アトピー性皮膚炎にもこのタイプの皮膚症状がみられます。掻き壊すと皮疹は水っぽくなり、時に細菌感染も合併します。また放置していると難治性になりますので、早めの皮膚科受診が望まれます。

虫刺症

誰しも経験される皮膚疾患でしょう。虫刺されは適切に治療しないと結節性痒疹という難治性の皮膚病になることがありますので注意が必要です。

伝染性膿痂疹でんせんせいのうかしん

いわゆる“とびひ”です。小児に好発します。細菌感染が加わった湿疹病変で容易に感染することがあるので、特に集団生活を行っている方には適切な治療とともに、日常生活の工夫が必要です。

このページのトップへ

蕁麻疹じんましん(一過性の赤くてかゆい皮膚病変)

よく知られた皮膚疾患です。アレルギー性と考えられがちですが、そうでない場合もあります。

原因として、食物や薬剤、ウイルス感染などが挙げられますが、原因不明の場合もあります。時に、アナフィラキシーショックや高度な蕁麻疹は、皮膚以外に呼吸器症状などが現れ、緊急性が高い疾患であることが知られています。特にアナフィラキシーショックの場合には救命救急処置が必要となります。

蕁麻疹は、一過性に経過する瘙痒そうようを有し、蚊に刺されたような盛り上がった皮疹を生ずる疾患です。通常24時間以内に皮疹は消えるため、自然治癒したと勘違いして、皮膚科受診をされない方もいますが、夜間などに再び症状が出る場合もありますから、たとえ皮疹が消えても皮膚科受診をおすすめします。

急性蕁麻疹

数日間で治癒するものです(ウイルス感染なども原因となる)。

慢性蕁麻疹

1か月以上継続するものです(早期治療が大切!)。

このページのトップへ

ニキビなど(毛穴が膿をもつ皮膚病変)

ニキビは若さのシンボルと呼ばれ、病気ではないと考える向きもありますが、そうではありません。放置しておくと、肌荒れとして長期にあとが残ります。最近では有効性の高い新たな治療法が登場し、ニキビあとも比較的手軽に治療が可能となりました。

また、ニキビと思っても、原因となる細菌の種類によっては毛包炎と呼ばれる別の疾患となり、重症化することもありますので注意が必要です。

ニキビ(尋常性痤瘡じんじょうせいざそう

若い方に好発する極めてありふれた疾患ですが、最近治療法(特に外用療法)が進歩している分野です。放置していると、瘢痕(はんこん)を残してしまうため、早めの治療が重要です。痤瘡は、毛包を中心とした慢性炎症疾患であり、顔面や胸部に好発します。皮疹は毛包が角質や皮脂で詰まった状態により始まり、面皰(めんぽう)と呼ばれます。面皰は、内部に存在するアクネ桿菌により次第に炎症を伴い、最終的に膿がたまり典型的な“ニキビ”となります。膿疱を放置すると最終的に瘢痕となり、整容的に大きな問題を残します。

毛包炎

毛穴の細菌感染症で、毛穴が化膿したものです。原因菌は黄色ブドウ球菌などが多く、ニキビと異なります。

尋常性毛瘡

いわゆる“男性の剃刀かみそり負け”です。鼻周囲や頬部、顎部に生ずる、毛包炎および毛包周囲炎です。髭そりにより生じたわずかな傷に細菌が侵入し発症します。

このページのトップへ

水虫(皮膚の皮がむける皮膚病変)

水虫は極めてありふれた疾患であり、正しく治療しなければ他者にうつるため、適切な対策が必要です。一方、新生児や高齢者などおむつをしている方は、おむつ周りを中心として容易にカンジダ症をきたします。

白癬はくせん

いわゆる「水虫」は正式に白癬と呼びます。真菌の一種である皮膚糸状菌による感染症で、足趾に好発します。一般に、皮がボロボロ向けてきます。また、爪白癬は真菌の貯蔵庫となり、周囲への感染源となるため、注意が必要です。爪の肥厚、白濁、脆弱化がみられ、爪が脆く剥がれ易くなります。足白癬を合併することも多く、周囲皮膚の観察も重要です。

カンジダ症

カンジダは白癬とは異なる真菌ですが、白癬と異なりヒトでは腸管に皆が持つ常在菌です。このため、新生児や高齢者などのおむつ周りなどは、皮膚が湿ってしまい、カンジダ症が好発します。

特殊な真菌

ペルシャ猫飼育者や、柔道・レスリングなど、皮膚接触が多いスポーツ愛好者の露出部に、比較的小型の環状紅斑が多発する真菌症があります。皮膚症状が特殊なため、湿疹と誤解している人もいます。

真菌症は、皮膚の皮を顕微鏡で観察し真菌要素を検出することで、容易に確実に診断が可能です。真菌がみられない場合、異汗性湿疹である場合があります。水虫でないのにもかかわらず、自ら水虫と誤解している方もいらっしゃいます。皮膚科で正しく診断してもらうことをおすすめします。

このページのトップへ

帯状疱疹(皮膚に小さな水ぶくれが出来る皮膚病変)

本症は、極めて特徴的な皮膚症状を呈するため、一般の方でも本症を疑うのは比較的容易です。しかし、治療が遅れた場合、特に高齢者では長期にわたり帯状疱疹後神経痛を残してしまうことから、大きな問題となります。早期から適切な治療を行うことが重要です。

帯状疱疹は、水痘、いわゆる“みずぼうそう”ウイルスが原因であり、水痘既感染者に生じます。原因ウイルスは水痘治癒後も体内の神経節に潜伏感染しています。その後、ストレス、過労、感冒などの感染症が誘因となりウイルスに対する免疫力が低下すると、潜伏感染していたウイルスが再活性化し、神経を伝わり皮膚表面に到達し、帯状疱疹として発症します。臨床症状は、小水疱が片側に帯状に多発し、この臨床像で容易に本症を疑うことが出来ます。

似たような疾患として単純疱疹が挙げられます。こちらは口唇部や外陰部に少数の水ぶくれが生じます。疲れがたまった時や風邪をひいたときなど、抵抗力が弱った際に発症します。臨床症状は局所の違和感や熱感を自覚した後、紅斑につづいて水ぶくれを生じます。

このページのトップへ

丹毒(赤くて熱感をもち、痛みを伴う皮膚病変)

丹毒や蜂窩織炎ほうかしきえんは皮膚感染症としてよくみられる疾患です。特に丹毒は習慣性となり同一部位に再発することがあり注意が必要です。糖尿病などをお持ちの方には特にできやすく、注意が必要です。

丹毒の好発部位は顔面と下腿であり、時に再発性となります。特に誘因なく、熱感が出現し、局所皮膚が発赤腫脹するのが特徴です。糖尿病や副腎皮質ステロイド投与者などの免疫不全状態で起こることが多く、そのような方は特に要注意です。

皮膚の細菌感染がより深い部分に起こると蜂窩織炎と呼ばれ、抗生剤による点滴治療なども行われます。

このページのトップへ

イボ(小さく盛り上がる皮膚病変)

イボも皮膚科ではよくみられる疾患です。正式には、尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜいと呼ばれます。極めてありふれた皮膚ウイルス感染症ですが、特に足底に生じた場合には、胼胝タコや鶏眼と誤認されている場合があるので注意が必要です。

尋常性疣贅

主に足底に好発します。ヒト乳用種ウイルスと呼ばれる、ウイルスが皮膚に感染するために生じ、極めてうつりやすい疾患です。治療は液体窒素を用いた凍結療法等を行います。

青年性扁平疣贅

顔面などに好発します。シミの様にみえる場合もあります。内服療法が選択されることもあります。

伝染性軟属腫

いわゆる“水イボ”です。主に幼児や年少者がプールなどで感染します。皮膚に存在する水イボの塊を摘除します。

尖圭コンジローム

主に性交渉によって感染します。比較的容易に感染するため、パートナーを含めた治療が必要です。最近では外用薬もあり、有効性が期待できます。

このページのトップへ

薬疹(全身に生ずる紅色皮膚病変)

感薬剤やサプリメントを常用されている方は少なくありません。薬剤は病を治す上では重要な手段ですが、作用もあれば副作用もあります。よく“クスリはリスク”と呼ばれる所以です。薬疹は、皮膚に現れる薬剤のSOSサインであるといえます。特に重症薬疹では患者の予後に関わる場合も少なくなく、早期発見が重要です。薬疹は、かゆくないことが多く、かゆくない発疹が多発したら、皮膚科へ相談しましょう。その際には、お薬手帳などを持参されるとよいでしょう。

このページのトップへ

乾癬かんせん(フケの様な物質が厚く堆積する皮膚病変)

乾癬とは、皮膚(正確には皮膚の最外層の表皮)の細胞増殖が活発になってしまう病気です。整容的問題から大きな負担を負ってしまいます。「かんせん」という発音から「感染」のイメージが浮かびますが、決して他人にはうつりません。乾癬は慢性に発疹を繰り返しますが、治療により長期にわたって発疹が出ない、あるいは自然消褪する患者さんもまれではありません。

治療は塗り薬、飲み薬、紫外線療法、注射製剤が4本柱で、これらを上手に選択あるいは組み合わせるのが重要です。最新の治療としては生物学的製剤と呼ばれるバイオテクノロジーを応用した注射製剤があります。当法人では豊水総合メディカルクリニックでこの治療を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

このページのトップへ

皮膚良性腫瘍(盛り上がった形が整った皮膚病変)

皮膚にも良性腫瘍が多種生じます。一般に“ホクロ”と言われる病変も皮膚の良性腫瘍です。悪性腫瘍かどうか判断に迷う場合や、整容的に気にされる場合には、早期に皮膚科に相談することをおすすめします。

脂漏性角化症

比較的高齢の方に好発する腫瘍です。大きさは様々であり、概ね黒色調から黒灰白色を呈します。自覚症状はありません。イボと同様に凍結療法も用いられます。

母斑細胞性母斑

いわゆるホクロです。生下時から存在する場合と年齢を経るにしたがって生ずる場合もあります。

アクロコルドン

首に生ずる小さな隆起性病変です。加齢により多発することが多い疾患です。様々な除去方法があります。

稗粒腫はいりゅうしゅ

顔面、主に眼瞼周囲に生ずる白色調の小さな隆起性病変です。中にたまった白色物質を除去します。

このページのトップへ

皮膚癌(盛り上がった形が不整の皮膚病変)

皮膚においても、他臓器同様、様々な悪性腫瘍が生じます。当然、放置しておけば他臓器へ転移し、生命予後に大きな影響を及ぼします。早期発見は勿論ですが、皮膚の場合十分な外科的治療を行うことが重要です。

基底細胞癌

基底細胞癌は、まず黒色の小腫瘍から始まるため、ホクロと誤解されている場合も少なくありません。黒色で出血を伴う小腫瘍であり、顔面の中央部が好発部位です。

有棘細胞癌

有棘細胞癌は表面にかさぶたが付いたような乳白色から鮮紅色を呈する硬い腫瘍です。表面はカリフラワーの様な外観を呈します。進行すると、中央部がびらん・潰瘍化し表面が湿潤した黄白色調の壊死物質を付着する様になります。有棘細胞癌は、熱傷瘢痕や紫外線が原因となります。

乳房外パジェット病

高齢者の外陰部の悪性腫瘍ですが、湿疹や真菌症と誤解して自己治療されている場合があり注意が必要です。高齢者の外陰部が紅色となった場合、ぜひ一度皮膚科受診をおすすめします。

悪性黒色腫

皮膚悪性腫瘍の代表格であり、日本では足底に好発します。早期発見、早期治療が極めて重要であり、足底の黒色斑をみたら、本症を念頭に置くべきです。

このページのトップへ

陥入爪(巻爪により爪の側面が盛り上がる皮膚病変)

陥入爪は、いわゆる深爪などの不適切な爪切りなどで、爪が周囲皮膚を損傷することで生じます。その結果、爪のまわりの皮膚の発赤、腫脹がみられ、さらに放置すると鮮紅色の肉芽が出現し、表面は容易に出血します。通常疼痛を伴い、細菌感染を伴うと局所の浸出に加え、悪臭を伴います。どの爪にも起こり得ますが、足の親ゆびに好発します。本症は臨床症状を十分把握し、感染制御など適切な治療を選択することが重要です。

また、巻き爪とは爪甲がわん曲したものであり、ワイヤー法などで治療が可能です。

このページのトップへ

疥癬かいせん(入浴できない高齢者に生じた、手や陰部にみられるかゆみの強い皮膚病変)

疥癬はヒトを固有宿主とするヒトヒゼンダニによる感染症です。皮膚に寄生し、トンネルを作りメスは産卵します。極めて感染しやすい疾患であり、家族内に多発することもあります。皮膚科受診により、顕微鏡で虫、もしくは卵を確認することで診断します。現在では有効性の高い内服薬が治療に用いられます。

このページのトップへ

褥瘡じょくそう(高齢者に生ずる床ずれの皮膚病変)

褥瘡は活動性が低下した主に高齢者に生ずる皮膚潰瘍です。褥瘡は誰にでも生じうるものの、基礎疾患の存在、日常生活活動性低下、低栄養状態により発症するため、高齢者においては大きな問題となります。褥瘡は、痩せた高齢者の骨突出部位に好発しますが、皮膚潰瘍を来たす疾患は他にも多数存在するため自己判断せず、皮膚科受診などで診断を正しく行い、状態を評価する必要があります。治療法の進化も著しく、「看護の恥」と呼ばれた昔と異なり、現在では様々な治療とケアが可能となっています。

このページのトップへ